お尻に出てきたニキビの意外な原因と正しい対処法とは

背中のニキビが嫌すぎる

そろそろ夏!夏と言えば海やプールなどレジャーが多い季節だけど、露出の多い服を着る楽しみも増えるよね。
でも、そんな時に背中ニキビが目だっていたらせっかくのレジャーも心から楽しめないんじゃないかな?
ここは夏に向けて背中ニキビの対策を行っておきたいよね。

 

水着も着れない!背中が汚いと・・・

 

せっかく好みの水着や洋服を買ってみたけれど、背中のニキビが気になり過ぎて結局着れないまま夏が終わってしまった・・・なんて悲しい結果にだけはしたくない!
実は背中ニキビを治した人でも背中のニキビって意外にもニキビ跡が残りやすかったりするのでケアも大事。
ニキビの存在は昔から女の子を悩ませるタネではあるけど特に背中ニキビって気づいたら出来ている場合があるんだよね。
そんな背中ニキビの原因にはやっぱりシャンプーやリンスの流し残しが関係しているみたい。
また意外な部分では就寝中の寝具の汚れや雑菌によっても背中ニキビの原因になっていることも多く、布団の雑菌などが背中に触れることでニキビを発生させてしまっているようだよ。
ニキビは治ったと思ってもまた再発してしまうものだからしっかりと治療することが大事なんだって。
特に注意が必要なのは、黄色ニキビや紫ニキビ。
これらのニキビは高確率でニキビ跡が残る可能性が高いから早い段階で皮膚科などへ行きしっかり治療することが大切みたい。

 

そしてハイドロキノンという軟膏によってそれらのニキビを改善させる方法があるんだとか。
炎症性色素沈着にならないためにも多くの皮膚科でハイドロキノンなどの軟膏治療が適用されているみたいだよ。
また黒色メラニンを作るというチロシナーゼなどの酵素を阻害するからしっかり色素沈着を防いでくれてニキビ跡を残さず治療できるみたい。
特に背中ニキビって春ごろから徐々に増えてくる傾向にあるから、室内の湿気が増えていて布団に雑菌が出やすい春先は要注意みたいだね。
その頃は気温も上がり暖かくなっているから、こまめに寝具を外干ししたり、下着などにも気を遣うことで背中ニキビを改善させることができるかもしれないね。