お尻に出てきたニキビの意外な原因と正しい対処法とは

お尻にニキビが出来てしまった!

お尻に出来てしまったニキビやお尻にプツプツしたニキビを予防したいと悩んでいる人も多いみたいだね。
実際にニキビは顔にしかできないと思っていても体のあらゆる部分にできてしまうことも。
例えば首元だったりデコルテ、お腹、背中にもできちゃうから皮脂腺がある部分はすべてニキビが発生すると考えた方が良いかもね。
ニキビはどの部分にできてもとっても不快だけど、特に気になるのはお尻にできちゃうニキビだと思う。

 

ニキビのできる原因

 

お尻にできるニキビの原因には過剰な皮脂分泌が要因となって毛穴が詰まってしまいアクネ菌がその部分に増えることで発生するんだとか。
お尻は背中や首元ほどではないけれどやはり皮脂の分泌が多い場所だからニキビが出来てもおかしくないパーツなんだって。
また座っていると必ずお尻はイスなどで刺激され、体重はほぼお尻で支えている状態になるから治りも悪く悪化してしまうケースもあるみたい。
角質もどんどん厚くなってきてしまうから皮膚が毛穴を塞いでしまう状態になるため、アクネ菌の良い環境になってしまうんだね。
皮脂分泌も多く、角質が厚いお尻にはニキビが発生しやすい条件が揃うため意外にもニキビで悩んでいる人も多いのだとか。
そしてお尻は下着や服によって通気性も悪くなってしまうから蒸れやすい環境という点も要因となっているみたいだよ。

 

お尻の正しいニキビケア

 

また人によっては長時間イスに座っている人もいるから、更にお尻に汗をかきニキビが発生すると言われているみたい。
特に女性の場合は生理中のナプキンの蒸れによってもニキビが出来てしまうことが多いからこまめにお風呂に入ることで予防できるかも。
そんなお尻を常に綺麗に清潔に保つ事でニキビの予防や改善に繋がるそうだよ。
例えば通気性の良い綿の下着に変えてみる、仕事中はなるべく座りっぱなしの状態を避けてこまめに立ち仕事などを入れる、トイレなどでお尻の汗を拭くなど。
また肌が乾燥すると摩擦や外的な刺激を受けやすい環境になってしまうから、角質も硬くなる傾向にあるため、入浴後はお尻にも保湿をすると良いみたいだよ。

 

ニキビ治療